新居に引っ越す前に現在住んでいるお部屋の大家さんに退去予告をします。通常1ヶ月前の退去予告が一般的ですので、新居が決まり次第おおよそいつ頃退去するかを引越しの1ヶ月以上前にまず連絡を入れましょう。その後、引っ越す日が確定してから、退去の立会いの希望日時を大家さんに伝えましょう。
   
引越し業者を利用する人は見積もりをしましょう。曜日や大安など日によって料金がかなり違うみたいですし、荷造りを業者まかせにしないで自分ですると多少安くなるようです。見積もりは無料のところがほとんどですので、気軽に見積もりを申し込みましょう。
   
ライフラインや公官庁の手続きをしましょう。詳しくは 入居の準備 のページをご覧ください。
   
入居前にカーテンの寸法や間取り、コンセントやガズ栓の位置などを調べて、引越し前にお部屋のレイアウトなどを決めておくと、引越しがスムーズに進みます。
   
引越した後のご近所への挨拶ですが、単身の方はしない人が多いみたいです。ただ物件によっては大家さんが同居しているところもあるので、その場合大家さんにはご挨拶をしておきましょう。マンションなどで挨拶回りをするときは、両隣と上下1軒くらいが無難でしょう。手ぶらでもよいですが、洗剤やお菓子などちょっとした粗品を用意する方も多いようです。

   
 
届出項目   届出先・連絡先・必要なもの
退去連絡 契約時の大家、仲介業者、管理会社
引越会社へ連絡 希望する引越会社に電話して引越日と時間を決める。
(複数の引越会社から見積もりをとって検討し決定)
電話の移設 NTT
(電話して氏名、現住所、新住所、工事希望日を伝える)
   
転出届 現住所の市区町村役場 印鑑、身分証明書(運転免許証、健康保険証等)が必要(他に必要な届けも一緒に済ませましょう)
郵便局に転送依頼届 現在の集配管轄局
銀行に住所変更届 口座を開設している銀行 印鑑と通帳が必要
(銀行により専用のハガキ等で後日郵送もできます)
電気の供給停止と開始 中部電力の営業所
ガスの閉栓と開栓 所轄のガス会社(開栓時は当日立会いが必要です)
水道の閉栓と開栓 管轄水道局か大家、仲介業者、管理会社
NHK受信料の清算 NHK営業所
新聞の解約、清算 契約している新聞販売店
家賃等の清算 契約時の大家、仲介業者、管理会社
   
転入届(転居届) 新住所の市区町村役場 印鑑、転出証明書が必要
(転入、転居した日から14日以内)
運転免許証の住所変更
車庫証明の登録変更
新住所の管轄警察署交通課等
免許証、印鑑、住民票等、本人の写真が必要
自動車の登録変更 新住所の所轄陸運局
新住民票、車庫証明書、車検証、印鑑、自動車が必要
各種保険の住所変更 各種保険会社
クレジットカードの住所変更 クレジット会社
新聞の購読申し込み 新聞販売店
   
  *新居の近隣へのあいさつもお忘れなく!